格安SIM比較

【格安SIM比較】月に60分以上電話をする人にオススメのMVNO会社トップ3

MVNOの電話サービス
MVNOの電話サービス

[char no=4 char=”パパ”]スマホで通話をよく利用する人にオススメにサービスを調べました[/char]

[char no=8 char=”SIM博士”]格安SIMは通常の通話代は20円/30秒。電話代を抑えるオプションを上手に利用しましょう[/char]

最近はCMやネットのニュースでもよく見かけるようになった格安SIM会社。
月額2,000円以下で通話も通信もできるなんて、とっても安いですよね。

しかしこれは月額の基本料であって、通話料金を考えない場合の安さ。

通話をする人にとって格安SIM会社って高いんじゃないの?

と思われがちですが、実はそんなことはないんですよ。

月に60分以上の通話をしても、2000円台から持つことが可能なんです。

今回は、月に60分以上電話をする人にオススメの格安sim会社をご紹介。

携帯代は安くしたいけど、通話も適度にしたい、という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

キャリアとの料金比較

今お使いのキャリアはどちらでしょうか?
通話はどれくらいされますか?

auの通話料定額の「カケホ」と docomoの「カケホーダイ」、Softbankの「スマ放題」は、月額2,700円です。

こちらは30秒20円では、67.5分話せば元が取れる計算です。

しかし最近の格安SIM会社では、30秒10円で通話ができるところも増えてきました。

格安SIM会社には多い30秒10円の通話料で考えると、2700円の定額料金では135分話せば元が取れる計算になります。

毎月に135分以上話す方なら、この通話料定額は安いと思われるかもしれません。
しかし、毎月135分も通話ってなかなかしないですよね。

もう一つの通話プランでは、auの「スーパーカケホ」、docomoの「カケホーダイライト」や、Softbankの「スマ放題ライト」があります。

こちらの月額は1,700円。

どのキャリアも5分まで通話し放題で、5分を超えると30秒20円の通話料がかかります。

格安SIMでも通話料は30秒20円が基本ですが、通話し放題プランや安く使える方法により、30秒10円での通話も可能に。
比較すると、キャリアの通話料ってあまり安くないということがわかりますね。

それでは、今よりもっと通話料が安くなる、格安SIM会社トップ3を見ていきましょう!

オススメ格安SIM会社トップ3!

[char no=4 char=”パパ”]通話料が安いオススメの格安SIMです[/char]

3分かけ放題 or 一か月あたり550円もお得になるBIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBEでんわ 選べる通話オプション 公式ページ

BIGLOBE SIMのレビュー

参考月額 2,430円
(60分の通話料込みor3分以下の通話かけ放題と3GBの通信)

BIGLOBE SIMは、あのプロバイダでもおなじみのBIGLOBE(ビッグローブ)が提供しています。
回線はdocomoを使用しています。
Softbankで圏外になるところでも通話ができるので、安定しています。

料金は、一番安い通話プランでは3ギガの通信がついて1,600円

基本の通話料金は、30秒21.6円(税別)です。

BIGLOBEの専用アプリをダウンロードすれば、通話料金が30秒10円(非課税)と、半額以下になります。

こちらの通話オプションでは、「通話パック60 」と、「3分かけ放題」があります。

3分かけ放題

「BIGLOBEでんわ」では、1回3分以内の国内通話が月額650円で利用し放題。
3分を超えた場合は、30秒10円(非課税)の通話料金になるので、トータルでもお安いですね。

月に何回でも利用可能。

1回の通話が3分以内の方にオススメです。

また、月途中で申し込んだとしても、その月の「BIGLOBEでんわ」からかけた通話すべてに適応されます。
3分以内の通話を多くしたなと思った時に加入すれば、月内の通話もさかのぼって適応されます。後からでも適応できるのは嬉しいですね。

通話パック60

「BIGLOBEでんわ」の国内通話1,200円分(最大60分)が、650円(不課税)/月で利用できます。

60分の通話をすれば、550円分の割引になります。

こちらは、月に60分と決まっているので、1回の通話が3分以上になる方にオススメです。

60分に満たなくても、33分以上電話をすれば元は取れる計算になりますので、通話をする方は申し込んでおくといいですね。

BIGLOBEのメリット・デメリット

メリット:「3分かけ放題 」では月の途中での申し込みでも月初から適応される
     電話番号が変わらない

デメリット:「BIGLOBEでんわ」をつかわないと適応されない
こちらは電話のアプリと使い勝手はほとんど変わりませんので、すぐに慣れることができます。

その他のポイント

現在BIGLOBEはSIMだけで5,000円のキャッシュバックを行っています。

端末とセットでは最大13,000円キャッシュバックをしているので、端末も購入したい人にもいいですね。

1通話10分間の通話がかけ放題のOCNモバイルONE

OCNモバイルONE

OCNでんわ 公式ページ

OCNモバイルONEレビュー

参考月額:2,646円
(1回10分間の通話が無制限にかけ放題と、一日110MBの通信)

OCNモバイルONEは、OCN光などで有名なNTTコミュニケーションズが提供しているサービスです。

OCNでは、定額プランはひとつですが、通常の通話、「OCNでんわ」、「050plus」と3つから選ぶことができます。相手や通話の時間に合わせて選ぶことができるので、通話に関しての幅が広いのが特徴です。

また、こちらもBIGLOBEと同じくdocomo回線を使っているので、通話の範囲を広くカバーしています。

それでは、プランとオプションを見ていきましょう。

一番安いプランでは、1日110MBの通信が付いていて1,728円。

基本の通話料は、30秒21.6円です。

また、OCNの専用アプリ「OCNでんわ」を使えば、30秒で10.8円と通話料金が半額になります。

こちらの通話オプションは、「10分かけ放題オプション」の1つのみ。

「10分かけ放題オプション」月額850円(税抜き)

10分までの通話が無料になる定額オプションのこちらは、月額850円で回数無制限に使うことができます。

10分を超過した分は、30秒10.8円。
基本通話料の半額なのも嬉しいですね。

また、申し込み月は無料になります。
電話番号も変わらず使うことができますので、相手から不審に思われないというのもいいですね。

こちらは43分以上の通話で元が取れる計算となっております。
10分の通話を5回でなりますので、1回の通話で少し長く話す人にオススメです。

他にも、OCNでは通話料が安くなるオプションがあります

「050plus」月額324円

050plusのアプリから発信すれば、固定電話への通話も3分8.64円、携帯電話へは1分で17.28円で通話ができます。

050plus同士では通話無料。

OCNモバイルONEの音声SIMで契約をしている方は、月額が無料で使うことができます。

こちらには、OCNから送られてくる番号が必要になりますが、設定はとても簡単です。

家族みんなで「050plus」に加入すれば、通話料無料で使うことができますね。

しかし、「050plus」はIP電話のため、電話より音質が少し下がります。

こちらは年々音質は改善されていますが、なるべく電波の良い場所で通話をすると気になりません。

OCNモバイルONEのメリット・デメリット

メリット:通話の幅がひろいので、相手に合わせて選ぶことができる
     10以内の通話が定額
     番号が変わらずに通話できる

デメリット:「050plus」はIP電話なので少し音質が劣る
      アプリからかけるか、「003544」の番号をつけないと割引にならない。

こちらは、「OCNでんわ」なら音質は通常の通話と変わりません。
仕事相手などで音質が大切な場合は、「OCNでんわ」での通話をされるといいですね。

その他のポイント

OCNモバイルONEでは、現在は2か月目まで基本料金を700円割引するキャンペーンも実施しています。

2015年では格安SIMでトップシェアになったこともあるため、安心できますね。

家族で加入しても安いため、通話料だけではなく通信料金を抑えたい方もオススメです。

OCN光を利用していれば、月額200円の割引もあります。

OCN光を利用されている方は通話もOCNにすると、料金がさらに安くなりますね。

通話し放題が2,900円!ニフティのNifMo

NifMo

NifMo でんわ 公式ページ

参考月額:3,132円(税抜き価格2,900円)
(IP電話でのかけ放題と、3GBの通信)

NifMoは、ニフティ株式会社が提供しているサービスです。
@niftyなどのサービスもありますので、ニフティを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらも回線はdocomoを使用しています。

それでは、プランとオプションを見ていきましょう!

一番安い3GBの通信では、月額1,600円。

こちらはBIGLOBEと同じ通信量と価格ですね。

BIGLOBEと違う点は、かけ放題のプランがあることです。

格安SIM会社での、純粋なかけ放題はこちらのプランのみとなっています。

「国内かけ放題プラン」月額1,300円(税抜き)

通話は何回でも、何時間でも定額です。

携帯電話や固定電話への通話も定額で楽しむことができますので、ついつい長話をしちゃうという方や、1回の通話時間が長い方にはこちらのプランが向いていますね。

定額のため、料金を気にせず通話ができるのはとても魅力的ですね。

しかし連続での通話が90分に達すると、一度電話が切れるようになっています。

こちらは再度かければ問題ありませんが、auのかけ放題では300分で切れるようになっているので少し短いですね。

大手のキャリアでは、通話料金し放題のプランは2,700円でした。
そう考えると、多少の不自由があっても、半額以下で通話ができるのは魅力的ですね。

「国内+海外かけ放題プラン」月額2,700円(税別)

海外への通話がかけ放題になっています。

こちらも90分で一度通話が切れるようになっていますので注意が必要です。
固定電話だけでなく、多少少なくなりますが海外の携帯電話にもかけられる国があります。

かけ放題に対応されている国はこちらです。
NifMo でんわ 海外かけ放題一覧

国内だけではなく、海外でもかけ放題があるのはいいですね。

「10分間かけ放題」2017年6月スタート予定!

10分までの通話なら、月に何度でも利用できるサービスが6月から提供される予定です。

10分を超えた場合の通話料も、30秒で10円(税抜き)

こちらも「OCNでんわ」と同じく、番号をつけるかアプリからの通話で安くなるサービスです。

NifMoメリット・デメリット

メリット:何回、何時間かけても定額
     電話番号が変わらない
     かけ放題プランと海外かけ放題プランの変更手数料が無料

デメリット:フリーダイヤルなど、通話ができない番号がある      
      2か月以内に解除すると手数料が3,000円かかる
      アプリからかけないと通話料がかかる

その他のポイント

NifMoは2年連続顧客満足度で1位を獲得していますので、初めての方でも安心して使えます。

キャッシュバックや基本料金が安くなるサービスが、他の会社よりも多くあります。

「NifMoバリュープログラム」では、このプログラムと提携している飲食店で食事をすれば、食事代の一部がNifMoの料金から引かれます。

ホノルルコーヒーやてんやなどを利用すれば、店舗に応じて料金が還元されます。

他にもマツモトキヨシや、東急ハンズ、yahoo!ショッピング、西友などとも提携していますので、こちらの買い物でも料金が還元されます。

西友はスーパーなので、こちらを日常的に使われる方にはとても嬉しいサービスですね。

他にも、キャッシュバックや基本料金が安くなるサービスがあります。

現在NifMoでは、初月の利用料金が無料となっています。

また、6か月以上利用すると、12,200円以上のキャッシュバックがあります。

NifMoの割引サービスでは、@nifty光を利用していると月に200円安くなります。

スマホセットだと、月に200円の割引がありますので、スマホと一緒に契約したり、家のネットを@nifty光に変えれば、さらに安くなりますね。

まとめ

最近では、格安SIMでは通話プランにも力を入れるようになってきた格安SIM会社。

オプションプランに加入すれば、5分以内通話無料などがあり、5分を超えても料金が半額で通話できます。

かなり通話料を抑えることができるのが嬉しいですね。

月に60分以上通話される方の大半は、宅配便の再配達や、お子さんへのちょっとした連絡など、1回5分以内におわる電話がほとんどではないでしょうか?

格安SIMではオプションに加入しなくとも通話料が半額になります。手間をほとんどかけずに料金が安くなるのは嬉しいですよね。

今使っているキャリアの通話料や通話時間などと比べても、安くなることがほとんどではないでしょうか?

通信はしないけど通話はするという方でも、3,000円以下で持つことができます。

キャリアの一般的な月額料金が7,000円と考えても、月に4,000円も安くなります。

携帯のキャリアを変えるのとほとんど変わらずに格安SIM会社に変更できますので、この機会に通話料の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

[char no=4 char=”パパ”]自分に合ったオプションを利用しましょう[/char]

[char no=2 char=”三女ちゃん”]ばぶぅ〜[/char]