格安SIM乗り換え

iPhone 6 / 6 Plusを利用中の方は契約更新月を確認してますか?【格安SIM 乗り換え】

iPhone 6 / 6 Plus
iPhone 6 / 6 Plus

iPhone 6 / 6 Plusが日本で発売されたのは2014年9月12日です。この発売日から次世代機のiPhone 6s / 6s Plusが発売された2015年9月25日までの間にiPhone 6 / 6 Plusを購入した人が多いと思いますが、大手キャリア(docomo、au、ソフトバンク)で購入した人はちょうど今、契約更新月になっていると思います。

iPhone 6 / 6 Plusは使いやすいので2年経った今でもまったく問題なく快適に利用できますよね。パパもiPhone 6 Plusをバリバリ現役で利用中です。なので、契約更新月を迎えても新機種へ乗り換えせずにそのままiPhone 6 / 6 Plusを利用し続ける人が多いのではないでしょうか。

その選択は全然間違っていないと思いますが、キャリアの見直しはした方がいいです。そのまま大手キャリアとの契約を継続するのか?またはこの機会にMVNO(格安SIM)への乗り換えを検討するのか?

[char no=4 char=”パパ”]契約更新月は契約解除をしても違約金が発生しません。MVNO(格安SIM)ヘの乗り換えを検討する絶好のチャンスです[/char]

契約更新月の確認

[char no=8 char=”SIM博士”]まずは契約更新月を確認しましょう[/char]

iPhone 6 / 6 Plusを大手キャリアで購入して利用中の方は2016年10月以降に順次、契約更新月を迎えます。大手キャリアの契約は自動更新なので、何もしなければそのまま契約継続となり次の2年縛りが始まります。まずはご自身で利用しているiPhoneの契約更新月を確認しましょう。

[char no=4 char=”パパ”]契約更新月は2ヶ月間ありますよ[/char]

docomoの場合

docomoユーザーは以下のいずれかの方法で契約状況を確認しましょう。

  • My docomo「ドコモオンライン手続き」で確認
  • 「ドコモ インフォメーションセンター電話番号」:0120-053-320で確認

auの場合

auユーザーは以下のいずれかの方法で契約状況を確認しましょう。

  • 「My au|スマートフォン・携帯電話|ご契約内容」にログインして確認
  • サポートセンター電話番号:0077-7-111で確認

ソフトバンクの場合

ソフトバンクユーザーは以下のいずれかの方法で契約状況を確認しましょう。

  • My SoftBankにログインして確認
  • サポートセンター電話番号:0800-919-0157で確認

[char no=4 char=”パパ”]契約更新月は過ぎていませんでしたか?過ぎていなければ乗り換えのチャンスです[/char]

パパとママのiPhoneの場合

auからマイネオに乗り換え

パパとママのiPhone6 Plusは2014年11月にauで契約しました。なので、契約更新月は2016年12月〜2017年1月でしたが、契約更新月を迎えた頃、タイミングよく格安SIMのことを知ったんですよね。

[char no=4 char=”パパ”]格安SIMのことを知れば知る程「乗り換えしないともったいない!!」と感じるようになったんですよね[/char]

乗り換えしないともったいないとは感じつつも、MVNO?SIMロック解除?SIMフリー?とか分からない単語がいっぱいだし、乗り換えた後の品質、通信速度、サポートは大丈夫かなぁ…、という不安もありましたよ。

不安はあったのですが、毎月auに支払っていたスマホ代が1人につき、7,000円以上ありましたから。パパのiPhoneとママのiPhoneを合わせると15,000円近く払っていたし、更にその頃は長女もiPhoneを持ち始めていたので、3台で毎月auに2万円以上

[char no=4 char=”パパ”]いや〜、さすがにスマホ代が高過ぎて、なんとかしないとと思ってました[/char]

[char no=5 char=”ママ”]毎月2万ってことは1年で24万以上、2年で…、48万以上…(>_<)[/char]

[char no=9 char=”助手さん”]それで格安SIMへの乗り換えを本気で考え始めたんですね[/char]

[char no=4 char=”パパ”]はい![/char]

多少の不安はあったもののスマホ代が大幅に安くなる魅力があったので、auからマイネオ(mineo)への乗り換えを決めました!

実際の乗り換えの検討乗り換え手続きについてはこちらの記事を参照してください。

パパのiPhone6 Plueをauからマイネオに乗り換え
ママのiPhone 6 Plusも格安SIMに乗り換え、auからマイネオへ

マイネオのご利用ガイド

2017年1月の契約更新月にauから格安SIMのマイネオ(mineo)に乗り換えて数ヶ月経ちますが、今、感じてることは、何でもっと早く乗り換えなかったんだ!という後悔です(^^;;

2016年12月のパパのiPhone6 Plusのauの明細金額が6,994円でした。

au明細

高いですよね。そしてこちらは2017年2月のマイネオの明細です。

パパがマイネオで契約したプランはauプランのデュアルタイプ(データ通信 500M + 090音声通話)ですが、明細金額が1,462円です。au時代との差額が、

6,994円 – 1,462円 = 5,532円

です。auからマイネオに乗り換えをしただけで、毎月の利用料が5,532円安くなりました。1年分にすると、5,532円 × 12ヶ月 = 66,384円2年で132,768円の差になります。

そして我が家の場合、パパのiPhoneだけではなく、ママのiPhoneもほぼ同時期にauからマイネオへ乗り換えしました。ママの2017年2月のマイネオの明細です。

ママのmineoの明細

ママの契約プランはauプランのデュアルタイプ(データ通信 3G + 090音声通話)ですが、契約時に実施されていた『新生活応援!キャンペーン』

が適応されているということもあり明細金額が870円です。

[char no=5 char=”ママ”]お得〜♪(*^^*)[/char]

パパとママのiPhone代がこれだけ安くなって、しかも乗り換え前に心配していた品質、通信速度、サポートも利用してみたら全く問題なし

何でもっと早く乗り換えなかったんだ!と後悔した気持ちが分かって頂けると思います。

パパは今になってみたら契約更新月を待たずとも、できるだけ早く乗り換えをすればよかったという気持ちですが、まだ格安SIMを利用したことがない方は不安があると思います。なかなか思い切って乗り換えられない気持ちもよく分かります。

でも解約更新月は乗り換えを検討するいい機会ですよ。今回を逃すと次は2年後ですからね。iPhone 6 / 6 Plusユーザーの方々は契約更新月になっている可能性が高いです。

[char no=4 char=”パパ”]契約更新月なら乗り換え検討をするいい機会ですよ[/char]

iPhone6で格安SIMヘ乗り換える際の注意

さて、iPhone 6 / 6 Plusユーザーで格安SIMヘの乗り換えを検討をしたいと思った方。とても重要なポイントがあります。それは…、

[char no=8 char=”SIM博士”]iPhone 6 / 6 PlusはキャリアでSIMロック解除ができません![/char]

iPhone 6 / 6 Plusはdocomo、au、ソフトバンクが行なっているSIMロック解除の対象機種から外れています。キャリアでSIMロック解除が行えるのはiPhone 6s以降です。

非公式な方法でSIMロック解除をする方法もありますが、リスクが高いためオススメできません。

[char no=4 char=”パパ”]SIMロック解除ができないということは…[/char]

[char no=8 char=”SIM博士”]今契約しているキャリアと同じ回線を利用しているMVNO(格安SIM)へ乗り換えましょう[/char]

現在、docomoユーザーの方は、docomo回線を利用しているMVNO(格安SIM)へのみ乗り換え可能です。auユーザーの方は、au回線を利用しているMVNO(格安SIM)へのみ乗り換えが可能です。ソフトバンクユーザーの方も同様です。

docomo回線の格安SIM

[char no=8 char=”SIM博士”]docomo回線を使ってる格安SIMは多数あります[/char]

[char no=4 char=”パパ”]docomo回線の格安SIMはたくさんあるから選びたい放題だね。多過ぎて逆に迷っちゃう?[/char]

docomo回線の一推し格安SIM:マイネオ

mineo

[char no=4 char=”パパ”]docomo回線の一推しはマイネオですね[/char]

パパ自身が利用していて十分満足なマイネオ(mineo)は自信を持ってオススメできます。

まず安くて分かりやすい料金プラン。

【docomoプランの料金表】
マイネオのDプランの料金表

複数回線契約した時の家族割や複数回線割があるのも嬉しいです。

マイネオの割引サービス

あとはマイネオユーザー同士でコミニュケーションが取れるマイネ王というサイトも面白いです

マイネ王

マイネ王の中にはユーザー同士でパケットを分け合えるフリータンクというサービスがあり、パケットがなくなりそうな時は利用させて頂いています。ありがとうございます♪

マイネ王のフリータンク

[char no=4 char=”パパ”]マイネオを使って不満なしです。安定の一推しSIMと言えますね♪[/char]

マイネオ(mineo) docomoプラン 公式

docomo回線の二推し格安SIM:イオンモバイル

イオンモバイル

[char no=4 char=”パパ”]ユーザー満足度が高いイオンモバイルもオススメできます[/char]

一推しのマイネイ(mineo)に不安を感じる人がいるとしたらそれはサポートや知名度の部分ではないでしょうか。マイネオもTVCMなどで知名度が上がってきましたがまだ知らない人が多いですよね。でも全国に展開されてるイオンモールは知名度がありますし、その全国のイオンでサポートを受けられるイオンモバイルならサポート面でも安心できるのではないでしょうか。

イオンモバイルのサポート

[char no=4 char=”パパ”]全国のイオン店舗でサポートを受けられるのは安心ですね[/char]

またイオンモバイルの料金プランはデータ容量が細かく設定されていて自分に最適なデータ容量が選択できます。

イオンモバイルの料金表

[char no=4 char=”パパ”]料金面、サポート面でイオンモバイルもオススメできる格安SIMです[/char]

イオンモバイル 公式

au回線の格安SIM

[char no=8 char=”SIM博士”]au回線を使っているMVNOはdocomo回線のMVNOより大幅に少なくなります[/char]

[char no=4 char=”パパ”]iPhone6の乗り換えで利用できるau回線の格安SIMはマイネオ、UQモバイル、フィーモの3択ですね[/char]

au回線の一推し格安SIM:マイネオ

mineo

[char no=4 char=”パパ”]au回線でも一推しは当然マイネオです[/char]

マイネオ(mineo)はdocomo回線だけではなく、au回線を使っている“auプラン”があるので、auユーザーにも一推しです。

またauプランの場合はdocomoプランに比べて音声通話付きにする料金が安いです。docomoプランの場合はデータプランに+700円しないと音声通話付きにできませんが、auプランの場合は、+690円で音声通話付きにできます。

【auプランの料金表】

マイネオのauプランの料金表

[char no=4 char=”パパ”]auプランだとdocomoプランより更にお得ですよ。自信を持って一推しです![/char]

マイネオ(mineo) auプラン 公式

au回線の二推し格安SIM:UQモバイル

UQモバイル

[char no=8 char=”SIM博士”]UQモバイルはau系列のUQコミュニケーションズが提供するサービスです[/char]

[char no=4 char=”パパ”]テレビCMで知名度も高くなりましたね[/char]

最近はテレビでUQモバイルのCMを見ない日はないってぐらい、ガンガンCMを流してますよね。勢いを感じます。知名度がある会社を選びたい方はUQモバイルの選択もありだと思います。

ですが、UQモバイルの料金プランは少々複雑で分かりづらいです。契約当初の利用料は安いのですが、割引サービスが契約から1年で切れてしまうため、1年後には値上がりします。また通話のあり/なしや通話時間によって料金プランが分かれているためどのプランを選べばいいか判断しづらいです。

【UQモバイルのおしゃべりプラン】
UQモバイルのおしゃべりプラン料金表

【UQモバイルのぴったりプラン】
UQモバイルのぴったりプランの料金表

【UQモバイルのその他の料金プラン】
UQモバイルのその他の料金プラン

[char no=4 char=”パパ”]KDDI系列が運営する安定感はあります[/char]

【UQモバイル 公式】

ソフトバンク回線の格安SIM:U-mobile S

U-mobile

[char no=8 char=”SIM博士”]ソフトバンク回線の格安SIMはなかったのですがU-mobileがサービスを開始しました[/char]

[char no=4 char=”パパ”]ようやくソフトバンクユーザーも格安SIMの選択肢が増えましたね[/char]

ソフトバンク回線の格安SIMはずっとありませんでした。理由はソフトバンクから回線を借りる金額がdocomo、auに比べて高かったためです。ですが、2017年3月からU-mobileがソフトバンク回線のサービスを“U-mobile S”として開始したため、ようやくソフトバンクユーザーも格安SIMへの乗り換えを検討できるようになしました。

【料金プラン】
U-mobile Sの料金プラン

ソフトバンクの料金に比べたらだいぶ安いのですが、こちらはデータ通信専用のプランになります。音声通話付きのプランはありません。

[char no=4 char=”パパ”]データ通信専用としてiPhoneを利用するユーザーは選択肢になりますね[/char]

U-mobile 公式

[char no=9 char=”助手さん”]今は格安SIMも当然のように選択肢に入る時代です[/char]

[char no=5 char=”ママ”]乗り換え先の候補として検討しないのはもったいないですよ〜[/char]

[char no=4 char=”パパ”]契約更新月が近い人は格安SIMヘの乗り換えを検討する価値はありますよ![/char]

[char no=2 char=”三女ちゃん”]ばぶぅ〜[/char]