iPhoneで格安SIM

iPhoneで格安SIMを使える?キャリアごとの利用方法やメリット・デメリットを解説!


iPhone
iPhone

[char no=4 char=”パパ”]パパもiPhoneで格安SIMを使っています。使い方をまとめました[/char]

[char no=8 char=”SIM博士”]格安SIM = 安いスマホではないです。iPhoneで格安SIMを利用できます[/char]



格安SIMとセットで販売されている端末はAndroidスマホが中心なので、格安SIM=Androidというイメージが強いですよね。

しかし格安SIMは、キャリアで人気の高いiPhoneでも使うことができますよ。

ただしiPhoneを使うにあたって、いくつか注意しなければいけないことがあります。またiPhoneで格安SIMを使うことで得られるメリットもあれば、デメリットも少しあります。

この記事では、iPhoneで格安SIMを使う方法やメリット、デメリットについて詳しく解説します。

格安SIMに乗り換えてからもiPhoneを使いたいと考えている人は、参考にしてみてくださいね。

目次

iPhoneで格安SIMを使うには、プロファイル設定をする必要がある

まずはiPhoneで格安SIMを使うにあたって、どんな設定を行うのかについて解説します。

iPhoneで格安SIMを使う場合、本家ドコモやauなどのSIMと違い「プロファイル設定」を行わなければいけません。

プロファイル設定は、Wi-Fiに接続してからSafariに専用のURLを入力することで行えます。

各格安SIMの公式サイトや公式アプリ、配送されてきたSIMカードのパッケージなどに、専用URLが記載されています。これをURL入力フォームに入力しましょう。

入力しページを開くと、プロファイル設定のインストール画面が表示されます。手順に従って進めていくと設定がインストールされて、設定は完了です。

あとは自動で、4G接続が行われます。なかなか行われない場合は、一度機内モードにしてから戻したり、SIMカードを抜き差ししたりしてみてください。

あるいは楽天モバイルやDMMモバイルなどの場合、プロファイル設定にいくつか種類がありますので、インストールするデータを間違えている可能性もあります。

その場合は設定アプリからプロファイル設定を削除し、正しいURLから設定データをインストールすればOKです。

ドコモのiPhoneを格安SIMで使う方法!

続いて、ドコモのiPhoneを格安SIMで使う方法について詳しく解説します。

ドコモのiPhoneでは、何もしなくても格安SIMの多くが使える


ドコモのiPhoneは、格安SIMへの乗り換えに最適です。なぜならほとんどの格安SIMが、難しい手順なしで利用できるからです。

それはなぜかというと、現在展開されている格安SIMのほとんどがドコモ回線だからです。

他のキャリアの場合「SIMロック解除」という設定が必要になる場合が多いのですが、ドコモのiPhoneでドコモ回線の格安SIMを使うなら、この面倒な手順は不要です。






ドコモのSIMロックがかかったiPhoneで使える格安SIMの例

ドコモのSIMロックがかかっているiPhoneで使える格安SIMの例を紹介しましょう。

楽天モバイル
mineo(Dプラン)
・IIJmio(タイプD)
OCNモバイルONE
BIGLOBE SIM
・FREETEL SIM
DMMモバイル
・DTI SIM
LINEモバイル
・エキサイトモバイル
・U-mobile
・NifMo

これらの格安SIMは、いずれもドコモのiPhoneで使えます。

私は実際にこれらをiPhoneで使ったことがありますが、確かにSIMロックがかかった状態でもプロファイル設定を行うことで利用できました。安心して契約してみてください。

ちなみにまだドコモの契約が残っていても、SIMカードを入れ替えてプロファイル設定をすれば、これらの格安SIMで通信可能です。

格安SIMを使ってみたいけれど、不安がある。そんな人は最低利用期間がないためいつでも無料で解約可能な「データSIM」を契約して、iPhoneで通信を試してみてください。

SIMロックを解除すれば、ワイモバイルやUQモバイルなどで使えるようになる

ドコモのSIMロックがかかったiPhoneは、

・ワイモバイル
・UQモバイル
・mineo(Aプラン)
・IIJmio(タイプA)

などの格安SIMを利用できません。

しかしSIMロックを解除してしまえば、これらも使えるようになりますよ。

iPhoneの6s以降であれば、自分が購入したiPhoneをSIMロック解除できます。(5sや5c、6はSIMロック解除ができないので、ドコモ回線の格安SIMでしか使えません)

SIMロック解除の条件は、

・自分で購入したスマホである
・ドコモを契約しているか、解約から3ヶ月以内
・端末の購入から6ヶ月経過している

これらに当てはまっていることです。

そしてSIMロック解除の手続きには三種類あります。以下の表に、方法と手数料をまとめました。

方法 ドコモ契約中 ドコモ解約済み
(3ヶ月以内)
My docomo
(オンライン手続き)
無料 ×
電話 3,000円 ×
ドコモショップ 3,000円 3,000円

ドコモをすでに解約している場合は店舗でしかSIMロック解除ができませんが、契約中なら電話やオンラインでの手続きが可能です。

パソコンからMy docomo経由でSIMロックを解除すれば、無料です。できればMy docomoからSIMロックを解除したいですね。






auのiPhoneを格安SIMで使う方法!

ここからは、auのiPhoneを格安SIMで使う方法について解説します。

auのiPhoneは、そのままで一部の格安SIMが使える場合あり



au回線の格安SIMなら、auのiPhone6や5s、5cをSIMロック解除なしでそのまま使えます。

6s以降の機種については、SIMロックを解除しなければ格安SIMで使えません。





auのiPhoneは、SIMロックを解除すれば全ての格安SIMで使えるようになる



auのiPhone6s以降は、SIMロックを解除して「SIMフリー」の状態にすればドコモ回線の格安SIMやワイモバイルのSIMも使えるようになります。

auでiPhoneの6s以降を契約しているなら、SIMロックを解除してしまいましょう。





auのiPhoneは、中古品でもSIMロック解除が可能


auのiPhoneのSIMロック解除は、auお客さまサポートサイトかauショップでの対応になります。端末購入日から181日目以降であれば、SIMロック解除が可能です。

方法 au契約中 au解約済み
(期限なし)
auお客さまサポートサイト 無料 ×
auショップ 3,000円 3,000円

そしてauの場合、なんと中古品でも「端末購入日から181日目以降」という条件さえ満たされていればSIMロックを解除できます。

中古でiPhone6s以降の機種をauモデルで購入すれば、誰でもSIMロックを解除できるわけです。これは重要なポイントですね。





auのiPhoneで使える格安SIMの例

auのiPhone5sや6では、

UQモバイル
mineo(Aプラン)

これらのSIMを使えます。

6s以降の場合、SIMロックを解除してしまえば、基本的にはどれでも使えるようになりますよ。






ソフトバンクのiPhoneを格安SIMで使う方法

続いて、ソフトバンクのiPhoneを格安SIMで使う場合について解説します。

ソフトバンクのiPhoneは、ごく一部のSIMならそのままで使える

ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneは、

・U-mobile S
・開幕SIM

こういった格安SIMで使えます。

ただしこれらのSIMは、音声通話ができない「データSIM」です。用途はかなり限られてしまいますね。

ソフトバンクのiPhoneを格安SIMでしっかり使うなら、6s以降でSIMロックを解除するしかありません。

ソフトバンクのiPhoneを他社回線のSIMで使うなら、SIMロック解除が必須

ソフトバンク回線の格安SIMはほとんどありませんし、現時点ではデータSIMのみ。そのためソフトバンクのiPhoneを格安SIMで使う場合、SIMロック解除は必須でしょう。

やはりiPhone6s以降の機種なら、SIMロックを解除できます。

  • 購入日から181日目以降
  • ソフトバンクを解約済みの場合、解約から90日以内

これらがSIMロック解除の条件ですね。

方法 ソフトバンク契約中 ソフトバンク解約済み
(30日以内)
My Softbank 無料 ×
ソフトバンクショップ 3,000円 3,000円

なおソフトバンクのiPhoneは、ドコモと同様に中古の機種のSIMロック解除ができません。

格安SIMの中には、iPhoneを販売しているものもある

ここまでキャリアのiPhoneを格安SIMで使う方法について詳しく解説してきましたが、iPhoneを自分で販売している格安SIMもいくつかあります。

ワイモバイルとUQモバイルで、iPhoneが販売されている

ワイモバイルとUQモバイルでは、iPhone SEや5sが販売されています。

5sは2013年の古い機種ですが、SEは2016年モデルで性能も十分です。もしも格安SIMへの乗り換えと同時にiPhoneを購入したいなら、SEをワイモバイルやUQモバイルで購入してみてはどうでしょうか。

ワイモバイルで販売のiPhoen 公式ページ

UQモバイルで販売のiPhone 公式ページ

BIGLOBE SIMなどで、iPhoneの整備品が販売されることがある

BIGLOBE SIMなど、ドコモ回線系の格安SIMではiPhoneの整備品が販売されることがあります。

整備品とは、不良品や返品になった商品を新品同様の品質に直して販売しているものです。

これらは常時販売されているわけではないので、たまたま在庫があった時にしか購入できません。

整備品の販売をあてにすることはできませんが、こんな商品もあることを覚えておくと良いでしょう。

iPhoneで格安SIMを使うメリット

iPhoneで格安SIMを使うメリットを解説します。

各社がiOS向けにアプリを提供しているので、使い勝手はAndroidと変わらない

iPhoneは、日本において非常に人気が高いスマホですよね。

そのため、各社が積極的にiPhoneに搭載されているiOS向けのアプリを提供しています。

アプリから通信量の確認や通信速度の切り替えができるので、Androidと変わらず快適に格安SIMを使えますよ。

ちなみにWindows 10 mobileの場合は、日本で普及していないため専用アプリが用意されていない格安SIMがほとんどです。

iPhoneはアップデートが長い間適用されるなどの理由で長い間使える

iPhoneは、Androidに比べてOSのアップデートが長い間適用されます。

スマホのOSは、新しいものを使うに越したことはありません。古いOSでは動作保障対象外になるアプリもたくさんあるためです。

Androidならせいぜい1〜2回しかOSがアップデートされませんが、iPhoneは4〜5年くらいはアップデートが行われます。

つまり長い間、同じスマホを使い続けられるんです。しかもiPhoneなら壊れても、街などにiPhoneの修理店がたくさんありますよね。

iPhoneで格安SIMを使うデメリット・注意点

最後に、iPhoneで格安SIMを使うデメリットについて解説していきましょう。

テザリングができない場合あり

ワイモバイルやau回線の一部格安SIMは、iPhoneで使う場合テザリング機能が使えません。

テザリングができないと、iPhoneをモバイルルーター代わりにしてタブレットやノートパソコンなどの機器をインターネットに接続できないことになります。

テザリングをよく使っている人は、ドコモ回線の格安SIMをiPhoneで使うように注意しなければいけませんね。

私も以前このトラップに引っかかってしまい苦労したため、現在はドコモ回線のLINEモバイルでiPhoneを使っています。

6s以降の機種でau回線の格安SIMを使う場合、「マルチSIM」で契約しなければいけないのがややこしい

au回線の格安SIMをiPhone6s以降で使う場合は、SIMロックを解除したうえで「マルチSIM」を契約しなければいけません。

そして、6以前の機種で格安SIMを使う場合はマルチSIMを選んではいけません。ちょっとややこしいですよね。

マルチSIMは、auの音声通話がクリアーな音質で行える「VoLTE」に対応しています。マルチSIM以外は「VoLTE」に対応していません。

6s以降は「VoLTE」に対応しているのでマルチSIMを選ばなければいけないのですが、6以前はVoLTE非対応なのでマルチSIM以外を選ぶこととなるわけです。

SIMカードの入れ替えが手間なので、複数枚のSIMを使うのに不向き


iPhoneは、SIMカードの交換に「リリースピン」が必要となります。これはiPhoneの箱の中に入っている、針のようなものです。

このピンでSIMトレイを引き出して入れ替える仕組みなので、Androidスマホに多い道具なしでSIMを入れ替えられるものに比べて手間がかかります。

またプロファイル設定は何件も保存できるわけではなく、しかもWi-Fiに接続しないとインストールができません。

iPhoneは、複数枚のSIMを使うのに不向きです。これもまた、ちょっとしたデメリットですね。

まとめ


格安SIMとiPhoneの組み合わせについて解説しました。

iPhoneでも、格安SIMは問題なく使えます。ただしauやソフトバンクのiPhoneで格安SIMを利用する場合は、基本的に「SIMロック解除」という手続きが必要になることに注意しましょう。

[char no=4 char=”パパ”]格安SIMでもキャリアと変わらずiPhoneを快適に使えますよ[/char]

[char no=2 char=”三女ちゃん”]ばぶぅ〜[/char]