マイネオ

おすすめのMVNO 『マイネオ(mineo)』のいいところ

mineoのおすすめ
mineoのおすすめ

パパも利用している”mineo“。そのmineoのおすすめポイントをまとめました。

はじめに

「携帯電話の通信費が高い」「なんとか安く出来ないかな」って思ったことがありませんか?
そこでおすすめなのがMVNO、いわゆる格安SIMです。
MVNOは確かに安いことを売りに急成長していますが、「安かろう悪かろうではないか」「ほんとうに繋がるのか」不安な点も多いでしょう。
また、たくさんあるので、どのMVNOがいいか迷うこともあるでしょう。
そこで、筆者が契約しているMVNOであるmineoについて、筆者の経験も踏まえてまとめてみました。

MVNOってなに?

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では仮想移動体通信事業者といいます。『仮想』とあると実態を伴っていない様な印象を受けますが、そうではありません。既存の大手三大携帯電話会社(DoCoMoやau、ソフトバンク)のような通信体系をとっていないことから『仮想』という頭文字がついただけのことです。
大手の携帯電話会社の場合、携帯電話サービスを提供するために、全国津々浦々に通信回線を一から自前で構築・維持しています。
一方、MVNOの場合は、通信回線を自前で設置・維持してはいません。ここが大きな違いです。
では、MVNOはどのようにして通信事業を展開しているのでしょうか。実は、大手の携帯電話通信網に便乗させてもらって通信事業を行なっているのです。あたかも自前の通信網を持っているかの様に通信事業を行なうので、『仮想』移動体通信事業者とよばれています。
なお、実際に通信回線をもって携帯電話による通信事業を行なっている事業者は、『仮想Virtual』がとれて、MNO(Mobile Network Operator)とよばれます。

参考記事

MVNOにはどんな特徴があるの?

最大の特徴は、前述の様に自前の通信回線をもたないことにあります。したがって、携帯電話の通信回線設備を敷設したり維持したりするコストがかかりません。そのために、費用を低く抑えることが出来ます。
既存の携帯電話会社と比べて参入しやすいために、いろいろな会社が新規に参入しています。
一方、大手の携帯電話にとっては、通信回線の余力を利用して、収入が得られる利点があります。
また、携帯電話会社の中には、MVNOを設立して、事業展開している例もあります。

mineoってどんなMVNO?

ケイオプティコムが提供しているMVNOです。ケイオプティコムですから、関西電力のグループ企業ということになります。関西電力系の会社ですが、サービスは全国で受けることが出来ます。
mineoも、MVNOですから大手の通信回線を利用してサービスを展開しています。一般的にMVNOでは、利用している通信回線は、ひとつの会社の通信回線であることが多いです。DoCoMoの通信回線だけ、auの通信回線だけといった具合です。
しかし、mineoは、DoCoMoとauの2社の通信回線を利用しているというところが特徴です。

mineoで使える携帯電話って?

DoCoMoやau、ソフトバンクで使っているスマートフォンを利用することが出来ます。
ただし、使う前にそれぞれの携帯電話会社でSIMロックを解除してもらう必要があります。
はじめからSIMフリーのスマートフォンであれば、その必要はありません。
現在400機種以上のスマートフォンの動作確認が済んでいます。
国内で販売されているほとんどのスマートフォンが使えます。動作確認済みの端末については、mineoのサイトで参照することが出来ますので、事前に確認しましょう。
もし、今お使いの携帯電話が、フィーチャーフォンで新たにスマートフォンを購入しなければならない、しかも、どのスマートフォンがいいか迷っている場合は、mineoのサイトから購入することも出来ます。
けれど、あまり多くはありません。
もちろん、家電量販店などでSIMフリーのスマートフォンを購入するのも可です。

mineoの通信プランの特徴

mineoには、2つの料金体系があるのが他に無い特徴です。
DoCoMoとauの2社から通信回線を利用させてもらっている関係です。そのため、DoCoMoのスマートフォンであっても、auのそれであっても、SIMロックを解除すれば使うことが出来ます。
DoCoMoの場合は、Micro SIMカード、auの場合はNano SIMカードとなります。
DoCoMoの回線を利用するプランをDプラン、auの回線を利用するAプランに分けられます。使いたいスマートフォンで使い分けてください。
なお、料金は同じではありません。少し異なります。Aプランの若干お安くなっています。

mineoの月額料金はどのくらい?

基本となるプランにオプションプランや割引プランがありますが、シンプルなプランなので、わかりやすいです。

Dプラン

DoCoMoの回線を利用するプランです。
データ通信のみのシングルタイプと、音声通話も出来るデュアルタイプがあります。

シングルタイプ

基本となるデータ量に応じて料金が設定されています。

基本データ量
500[MB] 1[GB] 3[GB] 5[GB] 10[GB]
700円 800円 900円 1,580円 2,520円

デュアルタイプ

シングルタイプに700円プラスした料金になっています。

基本データ量
500[MB] 1[GB] 3[GB] 5[GB] 10[GB]
1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

Aプラン

auの回線を利用するプランです。
Dプランと同じく、シングルタイプとデュアルタイプがあります。

シングルタイプ

基本となるデータ量に応じて料金が設定されています。
3[GB]を超えると急に値段が上がってきます。

基本データ量
500[MB] 1[GB] 3[GB] 5[GB] 10[GB]
700円 800円 900円 1,580円 2,520円

デュアルタイプ

シングルタイプに610円プラスした料金になっています。

基本データ量
500[MB] 1[GB] 3[GB] 5[GB] 10[GB]
1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円

5分間かけ放題サービス

国内通話に限って5分以内なら何度かけても定額となるオプションプランがあります。
これは、月額850円となっています。

通話定額30/60

毎月、30分間、もしくは60分間までの通話を定額料金にするオプションプランです。
対象は国内通話に限られます。

通話定額30

毎月最大30分間までの定額料金プランです。
月額840円となります。

通話定額60

毎月最大60分間までの定額料金プランです。
月額1680円となります。

家族割

家族で契約する場合に、各回線から毎月50円割り引かれます。

複数回線割

一人で複数回線契約する場合に、各回線の月額料金から50円割り引かれます。

解約違約金ってあるの?

大手の携帯電話会社の場合、契約期間に2年間にしばりがあり、2年目のタイミングをうまく見計らって解約しないと、解約違約金が発生します。
mineoの場合も解約違約金はありますが、mineoの契約をしてから3ヶ月以内に解約する場合に限れるので、3ヶ月以上使っていれば大丈夫です。
なお、mineoの解約違約金は、15,000円となっています。

デザリングの料金はいくらかかるの?

インターネットに繋がったスマートフォンをタブレットPCやノートパソコンなどにWi-Fiなどでつないで、インターネットに接続する方法のことを、デザリングといいます。
mineoの場合は、DプランでもAプランでもデザリング機能を無料で利用することが出来ます。
ですので、パソコンを外で使う機会が多い方には重宝することでしょう。
デザリング機能がつかえるスマートフォンかどうかは、mineoのサイトから調べることが出来ます。

余ったデータ容量はどうなるの?

毎月の基本のデータ量を使い切らなかった場合、余った分を翌月分に繰り越すことが出来ます。
また、パケットシェアを申し込めば、同じ住所に住んでいる家族間で繰り越した分を分け合うことが出来ます。これは、申し込みが必要ですが、月額費用は無料です。5回線まで分け合えます。
他にもパケットギフトとよばれる同一住所でなくてもデータ容量を分け合うことが出来るサービスもあります。

データの使用量が基本データ容量を超えたらどうなるの?

追加で必要な分だけ購入することが出来ます。100[MB]あたり150円で追加できます。
また、それほど高速性を必要としないなら、最大で200[kbbs]となりますが、追加で購入しなくても利用を継続することができます。

メールアドレスはもらえるの?

一般的にMVNOの場合、大手の携帯電話会社とは異なり、メールアドレスは提供されません。
そのため、MVNOでメールサービスを利用する時には、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールサービスに登録して行ないます。
しかし、フリーメールが使えないインターネットサービスがあるのも事実です。
そんなとき、mineoなら、@mineo.jpというドメイン名のメールアドレスを提供してもらえるので、とても便利です。
ただし、送信した先の携帯電話の設定によっては送信しても受信してもらえないことがありますので、その場合は、先方の携帯電話の設定を変更してもらう様に頼んでください。

La La Callで電話代が安くなる?

La La Callとは、ケイオプティコムが提供しているIT電話サービスです。
IT電話とは、インターネットでデータをやり取りする様に、音声をデータに変換して通話するものです。
もちろん電話番号をもらえますが、090や080で始まる携帯電話番号ではなく、050で始まる番号となります。
以前は無料で使えていましたが、現在は月額100円の基本料金がかかります。これには、100円分の電話料金が含まれていますので、実質無料となります。
La La Callを利用するためには、La La Callのアプリケーションをスマートフォンにインストールする必要があります。La La Callで通話したいときは、そのアプリを起動して電話をかけることになります。
そんなLa La Callの利点は、La La Call間もしくは、eo光の光電話に対しては、無料で通話が出来るという点です。したがって、自宅の固定電話がeo光の光電話なら無料で電話がかけられますし、家族の方が持っている携帯電話にLa La Callがインストールされている場合もしかりです。mineoには家族間通話無料のサービスはありませんが、このLa La Callを使うことで、家族間通話無料サービスの代用とすることが出来ます。
また、La La Call以外の電話については、30秒8円なので、こちらもお安くなっています。
La La Callを使えば、通話料金も抑えることが出来ます。

店舗はあるの?

以前は、店舗展開が無く、すべてインターネット上での対応となっていましたが、近年、大都市に限られますが、直営店舗が作られる様になりました。
現時点では、渋谷・秋葉原・名古屋・大阪・神戸の5つの直営店舗があります。

mineo公式ページ

直営の店舗では、新規の申し込み・初期設定のサポート・追加の有料サポートを受けることが出来ます。
それ以外には、販売店舗が13店舗、そして秋田県以外の全国にサポート店舗があります。
販売店舗では新規の申し込みのみの対応ですが、サポート店舗では新規の申し込み以外に、初期設定のサポートや追加での有料サポートも行なっています。追加有料サポートとは、電話帳、その他のデータの移行などです。

インターネット上でのサポート体制もしっかりしています

店舗が増えてきたといっても、まだまだ少ないのが現実です。しかし、インターネットでのサポート体制がとても充実しています。こまったときに、相談するととても速く返事が届きます。
ほかにも、マイネ王というユーザー間で質問したり出来るコーナーも充実しており、たいへん便利になっています。

不安な方には、プリペイドパックもあります

基本的にmineoは、本人名義のクレジットカード払いになります。
しかし、プリペイドパックという前払い式のサービスもあります。最大2ヶ月で1[GB]まで3,700円と、通常のプランよりも高くなりますが、データ容量が1[GB]で足りるか、もしくは使おうと思っているエリアでちゃんと繋がるか不安に思っている場合にはおすすめです。
プリペイドパックは、amazonやeoショッピングモールから購入することが出来ます。
プリペイドパックから通常のサービスに移行したときの特典として、新規事務手数料が無料になったり、残ったデータ容量を引き継げたりします。もちろん、通信停止期間はなく、変更可能です。
ただし、プリペイドパックから移行出来るのはシングルタイプだけで、デュアルタイプに移行するためには、シングルタイプに変更してから変更事務手数料2000円を払ってでデュアルタイプに再び変更しなければなりません。
そして、ドコモ版プリペイドパックはDプラン、au版プリペイドパックはAプランにしか変更出来ません。

mineoを使ってみての感想

筆者は、平成27年10月からmineoを利用しています。
筆者のプランはDプラン、デュアルタイプ3[GB]です。
デュアルタイプを利用していますが、電話は主にLa La Callを利用しています。
スマートフォンの設定ですが、契約時送られてくる冊子はとてもわかりやすかったです。初めてのスマートフォンだったので不安でしたが、記載通り操作すれば、おおむね20分ほどで設定出来ました。
電波環境ですが、平日のお昼は繋がりにくいとか言われていますが、いまのところそのような経験はありません。ただしその時間帯は、職場のインターネットを利用しているからかもしれません。
外出時も、繋がらなくて困ったり不安に思ったことはありません。新幹線移動のときもちゃんと繋がっていました。
使用しているデータ容量は、毎月2[GB]程度です。動画を見たりしなければこれくらいで済むようです。
そして、La La Callは確かに安いです。筆者の使用状況ではほとんど電話代がかかりません。しかし、音質は通常の電話に劣ります。途中で途切れることもあります。大切な電話は、今でも普通の電話からかけています。
以前はDoCoMoの携帯電話だったのですが、通信費用はmineoに変えてから、4分の1程度にまで安くなりました。
わからないことはインターネットで相談すると、おそくとも翌々日には返信が届きました。
筆者の使用状況にとっては、とても満足な携帯電話会社です。これからも続けていくと思います。

mineoをおすすめ出来る利点

  • DoCoMoの回線とauの回線を利用しているので、Micro SIMカードとNano SIMカードの両方に対応出来ます。
  • 月額料金が安い上に、とてもシンプルでわかりやすいです。
  • 使い方によってデータ容量を5種類から選ぶことが出来る上、翌月に持ち越したり、家族間等で分け合うことが出来ます。
  • メールアドレスをもらえます。
  • La La Callを利用することが出来ます。これにより家族間通話を実質無料にすることが出来ます。
  • 3ヶ月以上使っていれば解約違約金が発生しません。