格安SIMトピックス

【格安SIMトピックス⑦】用途で選ぶ格安SIMのデータ通信量とプラン

プラン
プラン

[char no=4 char=”パパ”]MVNOが提供するプランはバリエーションが多いので自分に合ったプランを選びましょう[/char]

格安SIMはプランが非常に多い

格安SIMは料金プランのバリエーションの多さが特徴です。MVNOによっては7〜8種類、あるいはそれ以上のプランが提供されています。プランが豊富なことから、契約する際、料金プランで悩む方は決して少なくありません。しかし、料金だけを見てプランを選んでしまう方も多いのが実情です。

通信量に合わせて選ぶ

格安SIMのプランを選ぶ際、料金よりもチェックしておきたい点がデータ通信量です。格安SIMは契約したデータ通信量を超えてしまうと、ネットの通信速度が極端に遅くなり、快適にネットを利用できなくなります。通信量に余裕を持たせてプランを選ぶことが望ましいでしょう。

しかし、ほとんどスマホを使わない方が大容量のプランを選んでも金銭的に損をします。自身の使用頻度に合わせて料金プランを選んでみましょう。

1〜2GBはネットをあまり使用しない人向き

MVNOの多くは1GB〜2GBなど、低料金・低容量のプランを提供しています。最も料金が安く、費用を抑えられるのが魅力ですが、1〜2GBプランはスマホをほとんど使用しない方向きです。例えば、たまにネットを使う程度や、普段はSNS・メール程度しか使わないのであれば、このプランでも十分と言えます。

1日換算で30〜60MBほどですが、SNSなどはデータ通信をさほど行わないため、1〜2GBプランを検討してみると良いでしょう。

3〜5GBのプランは色々楽しめる

SNSやメールはもちろん、普段からネットで調べ物をしたり、ニュースを見たりする方は3〜5GBのプランが最適です。たまに動画を楽しみたい方も、5GBほどのプランを検討してみると良いでしょう。また、スマホでゲームを楽しむ方も、データのダウンロードを考慮すると、最低3GBは必要になると考えられます。スマホで音楽やネットラジオを楽しむ場合も、5GB程度は必要になるでしょう。

例えば動画の場合、1時間あたり200MB〜300MBが目安とされています。3GBプランで10〜15時間、5GBプランなら17〜25時間ほど動画が楽しめます。ただし、ニュース閲覧やアプリのダウンロードも考慮すると、実際に動画を閲覧できる時間は短くなります。1日に1時間以上動画を見る方は、より大容量のプランをおすすめします。

1〜5GBはサブ機にも最適

1GBから5GB程度のプランは、料金が2,000円以下に抑えられているMVNOも多く、2台目(サブ機)のスマホにも最適です。費用を抑えつつ2台目が欲しい時や、サブにスマホを持ちたい方は検討してみましょう。

〜10GBプランは動画もネットも楽しみたい人向き

一方で、ネットはもちろん、動画や音楽もとことん楽しみたい方なら7GBや10GBの料金プランが良いでしょう。特に動画を1日1時間以上閲覧する方は、最低でも10GBほどは必要になります。高画質で楽しむためには、その分データ通信が必要なため、10GBでも少々物足りない可能性もあります。

高品質の音楽データをダウンロードしたり、ネットラジオやブラウジング、スマホゲームを楽しむ方も、最低7GB以上のプランが向いています。動画ほどではありませんが、データ通信量を消費しますので、余裕を持たせておいたほうが良いでしょう。

ゲーマーなら10GB以上がおすすめ

スマホでフル3Dのゲームやオンラインゲームを楽しみたい場合は10GB以上のプランを選びましょう。いずれもアプリやデータのダウンロード時に、データ通信量を大量消費しますので、容量の少ないプランだとあっという間に底を尽き、通信制限されてしまう可能性があります。

現在のスマホゲームは、アプリやデータのダウンロードで1GB消費するケースも珍しくありません。アップデート時に数十〜数百MBのデータダウンロードが発生する場合もあるため、データ通信量上限の大きなプランが必要です。ゲーム以外でネットを利用することもありますので、それを考慮すると10GB以上のプランが望ましいでしょう。

20GB以上はヘビーユーザーに

中には20GB程度の大容量プランを提供しているMVNOもあります。容量に余裕があるため、1日に数時間ネットを利用するヘビーユーザー向けのプランと言えます。ゲームや動画、音楽など様々なコンテンツを気にせず楽しみたい方や、光回線の替わりに使用したい方にも最適です。

ただし、その分料金も高めに設定されています。ほとんど使わないと料金が割高になるため気を付けましょう。

自宅にネット回線があるなら調整を

格安SIMの料金プランは、ネットの使用頻度に応じて選ぶことが必要です。しかし、自宅に光回線やADSLなどがある場合、データ通信量が少なめのプランを選ぶ方法も良いでしょう。自宅にいる時はWi-Fiでネットへ接続すれば、データ通信量の節約をできるからです。使用目的はもちろん、ネット回線の有無や、外出先での使用頻度も考慮して料金プランを決めるのも一つの選択肢と言えます。

[char no=4 char=”パパ”]毎月どの程度のデータ通信量を利用しているか調べて、少し余裕のあるプランを選びましょう[/char]