格安SIMとは

SIM種類は3タイプ。”通話SIM”、”データSIM”、”データ通信SIM”の違いを解説

SIMカード
SIMカード

MVNOで販売されている格安SIMには大きく分けて3つの種類があります。

一つ目は音声付き 通話SIM。2つ目はデータSIM、そして最後にデータ通信SIMです。3つとも金額や特徴はそれぞれ書かれていますが、初めて格安SIMを契約する人はどれを選んでいるかわからないはずです。

そこで今回はこの3つのSIMの違いを中心にご紹介します。

格安SIMとは?

MVNOでは三つのSIMカードが販売されています。契約するSIMによって料金も異なってきます。誰しもが一番安いプランを選びたいと思うでしょう。しかし、金額だけにこだわってしまうと、契約してから損をしてしまうかもしれません。ですので、契約する前にはしっかりとSIMの違いについて理解しておくべきです。

今流通している、スマホにはSIMカードが使われています。このSIMにはデータを記録する機能が備わっています。なので、このSIMさえあれば、別のスマホに機種変更するときも電話番号などはそのまま使い続けることができます。

三大キャリアと呼ばれる、auやドコモなどでは、SIMはすべて手続きをしてくれるので、私たちが何をしなければいけないということはありません。しかし、今スマホの料金はどんどん高くなっています。あまり使わないのに、基本料金だけで、数千円も支払わなければいけないのは、もったいないと感じてしまいませんか?

そこで登場するのが格安SIMです。MVNOと呼ばれる会社が提供しています。このSIMカードさえあればスマホを動かすことができます。基本料金も三大キャリアに比べると、はるかリーズナブルですので、その膨大な節約することもできます。家族全員の料金で考えるとかなり大きいのではないでしょうか。うまくプランを組むと最大10分の1まで基本料金を下げることも夢ではありません。

最近では、CMでも格安SIM、格安スマホなどが宣伝されています。今まで知らなかったという人も、CMを見て知った、という人も多いのではないでしょうか。すでに海外では、SIMの普及が広がっています。場所によっては、自動販売機のようにSIM な販売されていることもあります。
日本の通信料金は世界的にみても高すぎる。という傾向があるようです。もし、今自分のスマホ料金が高すぎる。と感じているのなら、この機会に格安SIMに移行してみてはいかがでしょうか?

格安SIMの種類について

先程もご紹介したように、MVNOで取り扱っている。格安SIMにはいくつか種類があります。一番高額なのは音声通話つきSIM、反対に、一番安いのはデーSIMです。

そうなると、あまり詳しくない人はデータSIM契約しようと思ってしまうかもしれません。しかし、大半の人にはこのデータSIMはおすすめできません。それは一体なぜでしょうか。SIMの違いや、どんな人におすすめなのか詳しく説明してきます。

音声つき通話SIMについて

音声つき通話SIMとは、電話番号の080や090という番号が使えるプランです。なので、今まで三大キャリアで使っていた電話番号をそのまま使い続けることができます。

なので、電話番号変えたくないという人はMNP転出を行ってから音声つき通話SIMを契約するようにしましょう。このプランを契約すると、あまり不便に感じることはないので、三大キャリアと同じような使い勝手でスマホが使用できます。

データ通信SIMについて

データ通信SIMは、音声通話つきSIMとは違い、IP回線を使って通信を行うSIMカードです。そのため、電話番号は050になります。

ほとんどのMVNOもデータ通信SIMについては、縛りを設けていないことの方が多いので、気に入らなければすぐに契約を解除することができます。(ただし、SIMカード返却しなければお金を取られることがあります。)料金も、リーズナブルですので、あまり電話をしないという人は、このプランで十分かもしれません。LINEなどをよく利用するという人は一度検討してみてもいいかもしれませんね。

データSIMについて

データSIMとデータ通信SIMとほぼ同じ機能を持っているSIMです。MVNOによっても、名前が違うことはありますが、大抵の場合、SMS機能がついていません。

SMS機能とは、ショートメール機能のことです。電話番号を使って短いメールを送る機能のことです。普段はあまり使わないという人の方がほとんどでしょう。アプリなどをダウンロードしない。という人はこのプランで十分でしょう。とりあえず二台目を持ちたいという人は検討してもいいかもしれません。

それぞれのSIMのデメリットについて

一見どのSIMを選んでも良さそうに見えますが、実は、大きな落とし穴があります。一体どのような落とし穴があるのでしょうか。

音声つき通話SIMのデメリット

大抵のMVNOが、縛りを設けています。三大キャリアでは2年縛りなところがほとんどですが、MVNOでは数ヶ月から数年の場合が多いです。

MVNOによっても期間は異なりますが、契約期間中に解約してしまうと10000円ほどの違約金の支払いなければならなくなります。途中で気に入らないことがあっても、期間中は割り切って使い続けるか、違約金を支払って解約するかの二つの選択肢を選ぶようにしましょう。

データ通信SIMのデメリット

データ通信SIMは、IP回線を使って電話をするSIMです。普段はあまり気にならないかもしれませんが、IP回線だと警察や郵便局、一部の企業などには電話できません。

いざという時に役に立たないスマホになってしまいますので、スマホが1台しかないという人や、家に固定電話がないという人にはあまりおすすめできないプランです。また、途中で解約すると言っても、初期費用に3000円かかりますので、すぐに解約してしまうと、損をしてしまいます。

データSIMのデメリット

こちらもデータ通信SIMと同じようにIP回線を使って電話をします。なので、同じように不便を感じてしまうかもしれません。

また、SMS機能がついていないため、アプリをダウンロードすることができません。正確には、インストールまでは可能ですが、その後の認証ができないので、アプリが使えません。

今後、アプリをダウンロードしようと思っている人にはおすすめできないプランです。

どうしても料金で選びたいときは

使い勝手も大切ですが、使い続けるにはやはり料金が大切でしょう。三大キャリアから乗り換えてきた人のほとんどが、スマホの料金の節約目当てだと思います。

なので、料金で比較したいのならMVNOの比較がおすすめです。MVNOは非常に沢山ありますが、料金形態はそれぞれ異なっています。基本的には、音声通話つきSIMを契約すると考え、最安値のところを探してみましょう。

自分に合ったMVNOの探し方

MVNOが沢山ありすぎて、どこを契約していいのかわからない。と思ってしまう人もいるはずです。確かに、有名どころでもかなり豊富です。

最近 CMをやっているUQモバイルや、大手通販サイトの楽天モバイル、ソフトバンクの傘下の企業であるY!モバイルなどがあります。三大キャリアと比べると、料金がリーズナブルなことが魅力的ですが、それだけではありません。独自のサービスを展開している MVNO も少なくありません。

例えば、LINEでおなじみのLINEモバイルなら、LINEや主要な SNSを利用した時の通信料がカウントされません。なので、 SNSを利用するために、いつも通信制限をオーバーしているという人にはありがたいサービスではないでしょうか。また、顧客満足度の高い楽天モバイルでは、同時に楽天ポイントを貯めることができます。1ポイント1円というレートなので、貯まれば貯まるほどお得に買い物をすることができます。

料金だけで決められない。というときは+αのサービスで MVNO決めるのもいいかもしれませんね。

必ずデメリットも調べておく

SIMにメリットデメリットがあったように、MVNOにもメリットとデメリットがあります。契約してからこんなはずじゃなかった。全く自分に合ってなかった。と、後悔してしまうかもしれません。なので、できるだけSNSやブロガーの口コミを調べるようにしましょう。

やはり、どの商品も使ってみなければわからないことって沢山あります。公式ホームページを見てるだけでは、掴めないような裏情報がわかることもありますので、いいと思った MVNOは必ずデメリットも調べておきましょう。

格安SIMに移行する上で注意すること

三大キャリアや別のMVNOから乗り換え時にはいくつか注意しなければいけないこともあります。それは一体何でしょうか。

MNP転出を行う

先程のご紹介したように、引き続き同じ電話番号を使うためには MNP転出というものを行わなければいけません。基本的には企業に電話をすることでこの番号を割り振ってもらうことができます。

その番号を契約画面に入力することで、電話番号を引き継げます。ただし、音声つきデータSIMしか引き継げませんのでご注意ください。また、MNP転出した番号には、期間が設けられています。使用期間を超過してしまうと、無効になってしまいますので、MNP転出を終えた後は、すぐに契約するようにしましょう。

SIMフリースマホを用意する

格安SIMが使えるのは、一部の限られたスマホのみです。基本的にいま流通しているスマホは、SIMロックが解除できるようになっていますので、移行後もそのまま利用が可能となっています。

ただし、型の古いスマホや1部のスマホなどはSIMロックが解除できないこともありますので、移行する前には必ず確認しておきましょう。また、SIMフリースマホでもすべてのスマホが使えるわけではありません。

MVNOでは、動作確認が行われたスマホの表があります。つまり、そこに書かれたスマホ端末や、MVNOで取り扱っているスマホ端末なら安心して格安SIMが使えるのですが、それ以外のSIMフリースマホは、正常に動作しないことがあります。三大キャリアとは違い、正常に動作しなかった場合でもすべて自己責任となりますので、MVNOを契約する際には注意しましょう。(MVNOが提供しているスマホが動作しなかった場合は、対処してもらえるはずです。)

使えなくなる機能がある

スマホには、三大キャリア特有のサービスがあります。例えば、 ID機能や一括払いサービスなどです。とても便利ですので、利用しているという人も多いでしょう。残念ですが、移行後は利用不可能になります。

また、LINEの友達検索機能やIDサービスなども格安SIM移行後は一切利用不可能になってしまいます。(今のところ、唯一LINEモバイルのみ、使えるようです。)

格安SIMに移行したあとは、不便になってしまうものもありますので、それを踏まえた上で乗り換えるようにしてください。

三大キャリア間でもMNP転出は可能

実は、三大キャリア間でも、MNPの転出やSIMの乗り換えは可能となっています。例えば、今auを使っていたけど、ドコモやソフトバンクに乗り換えたいというときは、auに電話することで、MNP転出を行ってもらえます。

ただし、キャリア間でのSIMの乗り換えはかなり複雑化しているようです。格安SIMは、手元に到着後ANP設定を行うだけでデータ通信が開始されます。かなり複雑なようですので、機械が苦手な人は操作するのが難しく感じてしまうかもしれませんね。

その他、格安SIMに移行する上で気をつけること

格安SIMに移行すると、一切キャリアメールが利用できなくなってしまいます。キャリアメールとは@以降のメールアドレスのことです。ほとんどのMVNOが独自のメールアドレスを用意していませんので、gmailなどのフリーアドレスを利用することになります。

ですので、キャリアメールにこだわる人などには、あまりおすすめできません。また、一部のスマホやケータイでは、フリーメールが迷惑メールだと捉えられてしまうこともあるため、アドレス変更のメールが届かないこともあります。

なので、あらかじめフリーメールを作っておき、事前にメアド変更のアドレスを送っておくのがおすすめです。○月○日にこのアドレスに変更しますと送っておくと、誤解を生まずに済みます。キャリアスマホにはない気遣いをしなければいけませんので、ちょっと大変に感じてしまうことも出てくるかもしれませんね。

まとめ

格安スマホは、これから先かなり需要が高まってくるはずです。キャリアスマホの料金がぐっと下がらない限り、ニーズは高まってくるでしょう。しかし、その一方でMVNOのトラブルが増えているのは事実です。移行することによってデメリットも生じてきますので、必ず理解した上で移行するようにしましょう。迷っているのなら、まずは移行した人の口コミを参考にするのがいいですね。

参考:格安SIMのデメリットに対する対処方