格安SIMトピックス

【格安SIMトピックス②】格安SIMの使い放題プランのメリット

使い放題
使い放題

[char no=4 char=”パパ”]今回のトピックスはデータ容量使い放題プランについてです[/char]

格安SIMはデータ通信量制限がある

格安SIMを契約する上でプラン選びは非常に重要ですが、欠点とも言えるのがデータ通信量制限ではないでしょうか。プランごとに定められたデータ通信量をオーバーしてしまうと、翌月まで回線速度が制限され、低速での通信を強いられてしまいます。気づいたら速度制限されているケースも多いため、場合によってはプラン見直しが必要になるでしょう。

大容量プランは料金が割高

データ通信量を気にせず利用したいなら、大容量プランも選択肢となりえます。しかし、大容量プランは月額料金も高く、格安SIM最大のメリットである低料金の恩恵が薄くなってしまいます。1GBの単価は安いですが、料金自体は少々割高です。ヘビーユーザーに向いていますが、通信量と料金のバランスを取りづらいのがネックと言えます。

使い放題プランの検討を

通信量を気にせずネットを楽しみ、かつ料金を抑えたいのであれば、一部のMVNOが提供している使い放題プランを検討してみてはいかがでしょうか。格安SIMはデータ通信量上限のあるプランが一般的ですが、一部MVNOは上限を撤廃した使い放題のプランを提供しています。例えばDTI SIMU-Mobilenuro mobile(1日5時間使い放題)などがあります。

データ通信量制限が一切ない

使い放題プラン最大のメリットが、データ通信量制限が一切ない点です。例えば1日に1GB、1ヶ月で30GB利用したとしても、MVNOの制限に抵触しなければ、速度制限をされることなくネットを利用できます。通常なら30GBもの大容量プランを契約するか、別途容量の追加チャージをしなければいけませんが、使い放題プランはこうした制限が無いため、事実上は好きなだけネットを楽しめます。

通信量を気にせず利用できる

使い放題プランは、通常のブラウジングはもちろん、スマホアプリのダウンロードや音楽の視聴、動画鑑賞、そしてゲームまで、あらゆる用途に利用できます。通信量を意識することなくこれらを利用できるため、通信量が気になって仕方がない方や、速度制限に悩まされている方にとっては、非常に大きなメリットと言えるでしょう。いずれの場合もストレスの原因となりますので、通信量を気にせず済むだけでも、快適にネットを楽しめるのではないでしょうか。

回線速度も通常の格安SIMと同様

データ通信量に制限がないなら回線速度が遅いのでは、と考えてしまう方もいらっしゃると思います。確かに一部MVNOの使い放題プランは、500Kbpsあるいは3Mbpsなど、回線速度の上限が設けられている場合もあります。一方、DTI SIMやU-mobileのように、回線速度が最大数百Mbpsの使い放題プランも存在します。

一部の使い放題プランを除き、一般的な格安SIMのプランと同様に、通信速度は数百Mbpsで利用できます。契約時に確認は必須となりますが、低速な通信速度を強いられることはほとんどありません。

月額料金は手頃

使い放題のため、料金も高いと考えてしまうかもしれませんが、ほとんどのMVNOは月額2,000円〜3,000円程度で使い放題プランを提供しています。通常のデータ通信専用SIMに当てはめた場合、10GB〜15GBのプランと同水準の料金です。月額料金は比較的手頃で、かつデータ通信量に上限がありませんから、コストパフォーマンスは優れています。

ヘビーユーザーに最適

格安SIMの使い放題プランは、このような特徴を持っていることから、特にヘビーユーザーには最適な選択肢と言えるでしょう。毎日どんどんネットを使いたい方はもちろん、通信量を気にせずにネットを利用したい方、手頃な料金で格安SIMを契約したい方まで、様々なニーズに合致します。データ通信量の上限が無いだけでも、大きなメリットとなるでしょう。

使いすぎると速度が制限される

しかし、使い放題だからと言っても格安SIMに違いがありません。各MVNOの適用条件によりますが、使い放題プランも使いすぎると回線速度が制限されてしまう場合があります。特に何GBものファイルをダウンロードしたり、何時間も動画を視聴した時は注意が必要です。1日にMVNOの定める通信量上限を超えた場合、翌日まで回線速度が遅くなります。

ただし、速度制限は1日で解除されるMVNOが大半のため、他のプランのように月末まで通信速度が遅くなることはありません。その日のみ我慢すれば良いため、翌日からは今までと同様の速度でネットを利用できます。

容量を持ち越せない

使い放題プランはデータ通信量の上限が定められていないため、他のプランのように余った通信量を翌月に持ち越せません。例えば3GBのプランで1GB余った場合、翌月は4GB分のデータ通信を利用できますが、使い放題プランはこうした仕組みがありませんので、家族で通信量を分け合うことも不可能な点に気を付けましょう。

デメリットを差し引いても魅力が多い

使い放題プランもデメリットは少なからずありますが、料金が安くデータ通信量上限が無いなど、様々なメリットがあります。デメリットを差し引いても十分価値はありますので、通信量を気にしたくない方は使い放題プランを検討してみてはいかがでしょうか。使い放題プランをメインまたはサブ回線として契約する方法もおすすめです。

[char no=4 char=”パパ”]使い放題プランは使い方によって非常にお得なプランです。ネットヘビーユーザーは検討の価値ありです[/char]