格安SIMトピックス

【格安SIMトピックス⑥】格安SIMをWi-Fiルーターと組み合わせるメリット

Wi-Fi
Wi-Fi

[char no=4 char=”パパ”]格安SIMをWi-Fiルーターで利用する方法です[/char]

格安SIMの利用には端末が必要

格安SIMはデータ通信専用のプランも非常に多く、毎月数百円で利用できるのが強みです。しかし、格安SIM単体では利用できないため、実際にインターネットへ接続するには、SIMフリーに対応した端末を用意しなくてはいけません。格安SIMを使う際は、SIMフリースマホ+テザリングという手段もありますが、この方法はデメリットもあります。

テザリングは電池の消耗が激しくなる

特にテザリングの欠点とも言えるのが、バッテリーの消耗が激しくなる点です。スマホの電池があっという間に無くなるため、気づいたら電池が無くなっていることも珍しくありません。外出先で利用する場合、モバイルチャージャーなどを持ち歩く必要が出てくるでしょう。

Wi-Fiルーターを組み合わせるのがおすすめ

格安SIMをテザリングで接続する方法も良いですが、データ通信専用SIMならWi-Fiルーターを組み合わせると良いでしょう。ルーターにSIMカードを挿入し、設定すれば利用できるため、メリットも非常に多いのです。最初の設定はやや面倒ですが、後々のネット環境を快適にしたい方には最適な選択肢と言えます。

複数の端末を簡単に接続できる

Wi-Fiルーターを利用すれば、複数の端末を同時にインターネットへ接続できます。ルーターによって同時接続数上限は異なりますが、パソコンやスマホ、携帯ゲーム機などの種類を問わず接続できるため、ブラウジングを楽しみたい時はもちろん、ゲームのオンライン対戦を楽しみたい方にもおすすめです。

スマホのバッテリーを気にせず済む

また、テザリングとは異なり、Wi-Fiルーターを利用することから、スマホのバッテリーの残量を気にせずに済む点もメリットと言えるでしょう。テザリングしながらスマホを使うと、普段以上のペースで電池を消耗するため、短時間利用ならまだしも、長時間の利用には向いていません。ルーターも電池残量には気を付けなくてはいけませんが、容量の多いバッテリーを搭載した機種もあるため、スマホよりも電池の減りは少なくて済みます。

どこでも利用できる

テザリングする場合と同様、Wi-Fiルーターを利用すれば、どこでもインターネットへ接続可能です。特に持ち運びできる点がメリットのため、外出時にインターネットを繋ぎたい時や、部屋で楽しいみたい時に向いています。Wi-Fiルーターは非常にコンパクトでかさばりませんし、持ち運びは容易です。また、コンパクトなことから、自宅でも外出先でも場所を取らない点がメリットと言えるでしょう。

Wi-Fiルーター単体の重量はスマホ1台とほとんど変わりません。バッテリーの大きな機種でも200g程度のため、バッグに入れて持ち歩いても重さを感じることは無いでしょう。デニムなどのポケットに入れて持ち歩くことも可能です。

MVNOを乗り換えても設定は簡単

格安SIMは新しいMVNOがどんどん登場しています。より魅力的なプラン・サービスを見つけた場合は乗り換えも視野に入りますが、もしMVNOを乗り換えた時でも、Wi-FiルーターのSIMカードを挿し替えるのみで済みます。特に複雑な手続きをする必要もありませんし、設定が少々必要になる程度です。

ルーターのSIMカードを挿し替えて使えば、複数のMVNOを使い分けることも難しくありません。もし複数契約している方は、一台のルーターでSIMカードを使い分けるのも良いでしょう。なお、一度設定を保存しておけば、ルーター内部に記憶されます。ただし、再設定が必要になる機種もあると思われますので、SIMカードを挿し替える際は確認しておきましょう。

ルーターを買わなくてはいけない

一方、Wi-Fiルーターが別途必要になるため、もし持っていない方は購入しなくてはいけません。格安SIMをWi-Fiルーターで使用する際の、唯一の欠点とも言えるでしょう。端末は1万円前後から購入できますが、性能は機種により異なるため、しっかり確認して買う必要があります。

しかし、ルーターの価格はSIMフリースマホとほとんど変わりません。一台購入すれば、以後は様々なSIMカードを利用できますので、普段テザリングを利用している方も、スマホなどが壊れた時のバックアップ用に購入しておくと良いでしょう。

スペックを確認しておこう

Wi-Fiルーターを買う際はスペックの確認が必要ですが、最低でも無線LANの規格、最大通信速度、対応キャリアの回線はチェックしておきましょう。特に対応キャリアの確認を忘れてしまうと、契約した格安SIMが利用できないおそれがあります。例えばauの回線に対応したルーターでは、ドコモ系の格安SIMを利用できません。

バッテリーの容量とルーターの重さも確認しましょう。特に持ち運ぶ機会が多い方は、これらも重視する必要があります。

外で使う機会が多い場合に

格安SIMとWi-Fiルーターの組み合わせは、外で使用する機会が多い方に最適です。また、自宅で使用する場合も、リビングや寝室など、様々な場所で使用できます。通話SIMならSIMフリースマホと組み合わせる方法が最適ですが、データ通信専用SIMなら、ルーターを利用してみてはいかがでしょうか。

[char no=4 char=”パパ”]普段から複数の端末を持って外出する方にとっては格安SIM + Wi-Fiルーターは魅力的なネット環境になります[/char]