SIMフリー端末

SIMフリー端末検討の方は必見?Windows Phoneの機能を徹底検証‼︎

Windows Phone
Windows Phone

今回はSIMフリーならではの選択肢となる「Windows Phone」についてのお話です。

MVNOサービスが主流になりつつあるためか、日本でのiPhoneシェア数が減りつつあります。
以前はiPhoneが圧倒的なシェアを誇っていましたが、Androidスマートフォンの普及により「iPhoneにこだわる必要がない」と感じた人がAndroidに鞄替えをしている傾向にあります。

さらにMVNO事業者がセット割で販売している端末はほとんどがAndroidスマートフォンであるため、iPhone以外の端末への関心は日に日に高まっていると言えるでしょう。

今回はそんな中でもマニアの間で注目されている「Windows Phone」をピックアップして徹底解説していきたいと思います!

こんな人はiPhoneから卒業もアリ?

まず最初に「脱iPhone」をしても大丈夫かどうかの診断をしていきましょう。

皆さんはスマートフォンを使ううえで最低限必要な機能はどういったものですか?

「電話とメールとLINEぐらいだな」という方はハッキリ言ってiPhoneに固執する必要はありません。

iPhoneの「iOS」に依存しない機能はザッと上げると以下です。
・電話
・メール
・LINE
・カメラ

上記の項目は「iOS」に依存するものではなく、Android端末と「Windows Phone」でも十分利用が可能になります。

iTunesで購入した音楽を聴いている方は難しいですが、音楽のストリーミングサービスであるApple Musicを使用している人は他のストリーミングサービスに乗り換えれば問題はありません。

ゲームも乗り換え先のOSに対応しているものであればアカウント移行も簡単にできるものが増えてきました。
※App Storeで有料で購入したアプリは引継不可。

以上のことを考えると無理にiPhoneを使用する必要はない人が多いのではないでしょうか?

各OSの特徴

それでは各OS毎の特徴を紹介します!

・「iOS」

Appleが販売しているiPhone,iPad端末でのみ使用可能。
iTunesが使用できるようになっており、Appleのマーケットで音楽や映画を購入してデバイス上で視聴が可能となっています。

滑らかな動作が特徴でインターネットブラウザもMacと同じ「Safari」を使うことができます。

近くにいるiOS端末同士で「Air Drop」で赤外線通信のようにデータ交換ができます。
クラウドサービスの「iCloud」が利用でき、個人が所有サーバーにデータ保存することにより、これを使用することにより端末本体の内部ストレージの節約に繋がります。

OS自体にウイルス対策が施されており、アプリを入手するマーケットの「App Store」も厳しい審査を通過したアプリのみが提供されています。
セキュリティ面では最も安心できるOSであると言えるでしょう。

・「Android OS」

検索エンジンでよく知られているGoogleが提供するOS。
全てのAndroid端末に搭載されているOSはこの「Android OS」です。

「iOS」と違い様々なメーカーのスマートフォンにこの「Android OS」が搭載されており、機種の選択肢の幅が非常に多くなっています。

日本では未だにiPhoneのシェアが勝っていますが、実は海外ではAndroid端末のシェアが勝っているのです。
これはAndroid端末はiPhoneに比べると本体代金が安い物が多いことが原因となっており、本体価格の平均値が日本円で10万円前後となるiPhoneは苦戦を強いられています。
※国の物価によってはiPhoneは結婚指輪を買うのと変わらない金額です。

アプリを入手するマーケットは「Google Play Store」となっており、取り扱っているアプリ数は「App Store」を大幅に上回ります。
アプリ数が多い反面、アプリへの審査基準は非常に緩くなっておりウイルスが仕込まれているアプリに遭遇することもしばしば。

OSの脆弱性も狙われやすく、セキュリティアプリの導入は必須であることが唯一の欠点です。

・「Windows」

様々なパソコンに搭載されているOSであるが故に「Windows」の名前を聞いたことがない人はまずいないでしょう。

「Windows 95」がリリースされた当時、販売店では長蛇の列ができました。
その5年後にリリースされた「Windows me」はフリーズを繰り返し、OSとしては非常に終わっていて…これ以上話すと年齢がバレてしまうので黙ります。

パソコンを選ぶうえでは「WindowsかAppleのMacにするか」と言われるほどで大手メーカーのMicrosoftが手掛ける歴史あるOSなのです。

「Windows」を搭載しているパソコンは国内外メーカー問わず、非常に多く展開されています。
(ちなみに国産Windowsパソコンでお勧めは富士通とNECです)

「Word」、「Excel」、「PowerPoint」のオフィスアプリケーションもMicrosoftがWindowsパソコンのために作ったと言っても過言ではありません。
※「Excel」の第一作目はMac用にリリースされましたが…。

パソコン用のOSとしては「Windows」は今や定番になりましたが、「Windows Phone」の実力は如何ほどでしょうか?

「Windows Phone」のメリットとデメリット

現在の「Windows Phone」には「Windows 10 Mobile」が搭載されています。
パソコンでの「Windows10」が非常に好評のため、生粋のWindows好きの人はついつい期待してしまうのではないでしょうか?

メリットとデメリットを詳しく解説していきましょう!

Windows Phone」のメリット

・「安価な端末が多い」
スマートフォンはメーカーによって値段が様々ですが、「Windows Phone」は2~5万円以内で購入が可能。
3大キャリアで取り扱っている端末と違い、一括支払いが可能な金額で手に入るのは非常に嬉しいポイントですね。

・「仕事で使う人には嬉しいアプリが標準装備」
Microsoftは日本の市場で「Windows Phone」のビジネスでの機能性の高さを強く推しだしています。
「Windows Phone」にはMicrosoft Officeが標準装備されており、Skypeも使用がしやすい仕様となっています。
出先での仕事が多いビジネスマンには重宝される一品になります。

・「最低限のSNSアプリは問題ない」
また「twitter」、「Facebook」、「LINE」等のSNSアプリケーションもしっかり押さえており、特にゲーム等をしない人には手が出しやすいものと言えるでしょう。

・「デスクトップパソコンに早変わりする!」

「Windows 10 Mobile」には「Continuum」という機能があります。
この機能は端末を別売りアダプターやワイヤレスでディスプレイおよびテレビに接続するとPC同様のデスクトップ画面が表示され、キーボードやマウスを使ってまるでPCのように使うことができる画期的な機能なのです。

また「Continuum」使用中はスマートフォン側での画面操作も可能となり、1台で使い分けが非常に豊富になります。
Microsoft Officeをメインに使用する人は自宅にPCが必要なくなるかもしれません。
※機種によって使用可否があります。

・「基本的にSIMフリー端末なので、使用回線を選ばない」
「Windows Phone」は基本的にSIMフリー端末として展開されているので、どこの回線事業者でも仕様することができます。
今、利用している事業者のSIMが「Windows Phone」に対応していれば端末を購入してすぐ仕様することが可能になります。

「Windows Phoneのデメリット」

・「アプリのバリエーションに問題あり」
これは「Windows Phone」の唯一にして最大の欠点。
ゲームのアプリのバリエーションが非常に乏しいのです。
メジャーな「パズドラ」や「モンスト」といったゲームに対応していないので(厳密に言うと「Windows Storeで展開されていない」が正しい)、スマートフォンでゲームをヘビーに行っている人にはお勧めできないのです。

「端末代金が安いから」と言ってお子様に買い与えてしまうと学校で仲間はずれにされてしまうこと必至です。
周りの友達はプレステ2を持っているのに我が家はドリームキャストをメインゲーム機にしているようなものです。←これ伝わる方います?

これは本当に惜しいところで、この問題さえ解消されれば「Windows Phone」は今後市場を席巻する可能性を秘めるダークホースに一気に変身します。

「Windows Phone」は仕事にこだわりを持つビジネスマン向けのスマートフォンなのかもしれません。

お勧めの「Windows Phone」端末を一挙紹介!

・「SONY VAIO Phone Biz」 35,424円

スマートフォン市場では「Xperia」シリーズが人気をかっさらっているSONY製スマートフォン。
現在、価格も下がり手が出しやすくなっています。

5.5インチの大型フルHD液晶ディスプレイでOffice関連のファイルのチェックも快適にできます。
またカメラ性能も悪くなくメインカメラが1,300万画素、インカメラが500万画素となっています。
iPhoneとほぼ同等クラスのカメラ性能となっています。
しかし4K動画撮影に非対応なのが残念なところ。

ワイヤレスのみですが「Continuum」にも対応、microSDカードも64GBまで使用可能と拡張性の高さも嬉しいですね。

・「NuAns NEO」30,000円~

海外産メーカー「NuAns」が発売している「Windows Phone」。
基本的にケースとのセット販売しか行っていないようです。
ただ「Windows Phone」はAndroidスマートフォン以上にケースの確保が難しいので、人によってはありがたい販売形式かもしれません。

充電ポートは最新のUSB Type-Cを搭載、画面サイズも5インチと最近のスマートフォンの中では標準的です。

しかし「Continuum」に非対応なのが残念なところ。

・「マウスコンピューター MADOSMA Q601」 通常価格49,800円 市場平均価格19,980円

コストパフォーマンスが高いパソコンメーカーとして定評がある「マウスコンピューター」によるハイスペックスマートフォン。

画面サイズは5インチでありながらバッテリーは大容量の3,900mAhとヘビーユーザーにも安心設計。
CPUも処理速度が高クオリティのSnapdragon 617を8コア搭載なので快適に使用できます。

内蔵ストレージも充実の32GB、microSDカードも最大128GBまで対応なので大容量のデータ保存も問題ありません!
「Continuum」で使用するにも心配なしです!

2017年4月現在、マウスコンピューターのオンラインページでは完売しているのでamazonや量販店で探す必要があります。

・「マウスコンピューター MADOSMA Q501A-WH」 9,075円

低価格だけにこだわるのであればこの機種が最もお勧めです。
メモリ1GB、ストレージは8GBと最低限となっており、ライトユーザーにはこの機能で十分と言える仕上がりです。

16GBのSDカードも同封されているので、万が一写真で容量がいっぱいになってしまったときも安心ですね!

今後の市場展開の課題は?

一時期「Windows Phone」は過去の闇として消えてしまった「Black Berry」と同様に黒歴史として消滅するのではないかと囁かれていました。

しかし「Microsoft」は「今後もスマートフォン市場への注力は止めることはしない」と公式声明を発表しています。

今回紹介した「Windows Phone」端末はほんの一部で、様々な海外メーカーがあらゆる機種を展開しています。

「Windows Phone」の今後の課題は大きく分類すると2つです。

1つは「アプリケーションのバリエーションに広がりを見せるのか?」
「Windows Phone」は現状では「仕事でスマートフォンをヘビーユースするビジネスマン」に向けて作られています。
その反面カジュアルな使用用途に向けてはまだまだ発展途上。

Windows Storeで展開されているゲーム等のアプリにもっとメジャーなタイトルが増えてくればシェア数は一気に伸びることが見込まれます。

問題はアプリを制作している会社側が展開してくれるかどうかにも懸かってきます。
制作会社が需要があると判断すればWindows Storeでの展開もしてくれるでしょうが、こればかりは会社対会社の問題になるので難しいところです。

2つめはMVNO事業者でセット商品として取り扱いされるか否か。
「Windows Phone」はこだわりが強いスマートフォンユーザーから好評を博していますが、幅広いユーザーからの要望に応えてくれるかは疑問が残ります。
よって販売台数にも不安が残るので、取り扱いをしたいという事業者が現れる確率は現状低いと見ていいでしょう。

しかし「手に入りにくい」ということがシェア数の向上が困難になる事態にも繋がっているのも事実。

取り扱い事業者と搭載機種が増えれば市場全体もがらりと変化し、おもしろくなると思いませんか?

上記の点を踏まえて今後Microsoftがどのような展開を図るのかが鍵を握っているのではないでしょうか?

総括

なんだかんだ言っても「Windows Phone」は今後の展開が楽しみになる変わり種スマートフォンです。

パソコン等の家電が好きで、仕事でもスマートフォンをバリバリ使いたいという方にはとても優れた機種になることは間違いありません。
特に「Countinuum」機能はOSそのものを持ち運んでいると思えるものなので、今後の進化が気になるところです。

SIMフリーであるがゆえにMVNO事業者回線を使用することによって通信コストを抑えることもできます。

どちらかと言えば法人や個人事業主に寄せた端末かもしれません。

しかし「Windows」は一般家庭向けのパソコンでシェア数が多いOSとして知られています。
それ故にカジュアル層に対するアプローチを起こしてくれるのではないかと期待せずにはいられません。

今後「Windows Phone」に新たな動きがあれば、こちらで情報を書いていきます。